カバン持ち体験感想 関西大学 3回生(2013.2.13)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カバン持ち体験感想 関西大学 3回生(2013.2.13)

貴重な機会をいただきありがとうございました。

学習塾の視察、施工現場の視察、お客様との打合せ、食事会など様々な形に参加させていただき、本当に有意義な時間となりました。

学習塾では、経営をより良くするために、売上は最大に、経費は最小にという考えを学びました。
現場の視察では、高齢者専用住宅の施工中の現場に向かい、そこで社長は仕事をされている方に対して“ご苦労様!よくやってくれているな!”と言われており、そういったコミュニケーションを通じて、社員の方やお客様の信頼を培ってきたのが分かりました。

打合せでは、営業の方と一緒に新しい案件についてお話を進められていました。そこで、お客様が“君の熱意に惚れた!と営業マンの方に言われており、進和建設の営業マンが凄く熱意とお客様のために!という気持ちを持って取り組む姿を見る事が出来ました。

その後の食事会では、メディアにも出演されている方と社長と営業部長さんと一緒に食事をさせていただきました。その中で、決断をする重要性や人に感謝、その中でもまず、親への感謝という気持ちを持つことが大切だと気付きました。

 本当にたくさんの事を気付かせて頂き、お世話になりました。
食事会まで参加させていただき、普通なら会えない方とまで名刺交換をし、これ以上ない幸せです。

ありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加